クラミジアの診断とジスロマックによる菌の減少

クラミジアは、クラミジアトラコマティスと呼ばれる病原菌に感染することによって引き起こされる性感染症のひとつです。クラミジアには自覚症状があまり出ないという特徴があり、無治療のまま放置されることがよくあります。そのため、定期的に診断を受けておくことをおすすめします。また、男性の場合は、尿道にかゆみや軽い排尿痛がある場合は、クラミジアに感染している可能性があるため、なるべく早めに診断を受けるようにしてください。女性の場合は、ほとんど自覚症状がありませんが、帯下の異常や性交痛などがある場合は、産婦人科に相談して診断を受けてみるようにしてください。クラミジアは、クラミジアトラコマティスの数を減少させる薬を服用することで比較的簡単に治すことができます。原因菌の数を減少させる薬として有名なのはジスロマックと呼ばれるものです。ジスロマックの特徴は1回飲めば7日間ほど効果が続くという点で、飲み忘れてしまう心配がなく、経済的な負担も少ないです。病院で診断してもらうのが一番確実ですが、クラミジアだとはっきりとわかっている場合は、ジスロマックを購入することで自分で治療をすることも可能になります。薬の効果が続いている7日間の間にほとんどのクラミジアトラコマティスは減少してなくなっているので、短期間で治療を行うことができるのも特徴になります。クラミジアは、一度完治してしまえばもう一度感染してしまわない限り再発する恐れはないので、ジスロマックを使ってしっかりと治しておくようにすることが大切です。自覚症状があまりないため、早期発見は非常に難しいですが、少しでも違和感を感じたらすぐに病院で検査をしてもらうようにしてください。