人体に感染する多くの細菌について

感染症とは、何らかの微生物が人体に入り、生体に局所的または全身的な反応(主として炎症)を引き起こした状態です。
それらの微生物は病原体とも呼ばれ、大きく原生動物、原虫、真菌、細菌、マイコプラズマ、リケッチア、クラミジア、ウィルスに分類されます。

人体に感染する多くの細菌がありますが、全ての微生物が病原性を示すものではありません。
例えば、大腸菌などの腸内微生物は、人体にとって有益な役割を果たしているといわれています。
また、微生物を受け入れる人体の状況によって、病原性が現れることがあります。

例えば、家族で同じものを食べても発病する人とそうでない人がいます。
病原体に対する抵抗力の違いによるものと考えられます。
また、病原体による感染症を発病しても、いったん回復すれば、その病原体に対する抵抗力が獲得されることが知られており、「免疫」と呼ばれています。

免疫不全状態など、病気や薬物により病原体に対する抵抗力が弱まっている時には、通常病原性の低い細菌などでも重症な感染症を引き起こすことがあります。

感染症の予防のためには、まず病原体に接触しないようにすることです。
そのために、消毒や滅菌が行なわれます。
対象となる病原体により、適切な消毒薬や消毒方法を選択することが必要です。